DIYや業者でも対応している防汚効果の高いガラスコーティング

汚れがつかない防汚ガラスは主婦の味方 汚れがつかない防汚ガラスは主婦の味方

ガラスコーティングの施工法とは

ガラスにコーティングを行なう工法にはいくつかの手段があります。その施工法について詳しく掘り下げていきます。

主なコーティング施工

コーティング剤はむらなくガラスに塗布しなければ意味をなしえません。そのため刷毛やコテを用いたコーティングは絶対的NGと捉えて良いでしょう。スプレーガンによる塗布は窓ガラスへ効率的な塗布が叶いますが、ガラス以外の場所への飛散の懸念や空気と交じり合うため臭いがしばらく残ってしまうデメリットがあります。ガラスコーティングを行なう際は、むらなく塗布するためにガラスのサイズに応じたスポンジを使い分けて作業することが基本です。

長期的な効果を求めるなら業者へ

ホームセンターに行くとDIY用のガラスコーティング剤も販売されていますが、業務用に比べて効果は薄いですし、むらなく塗布できない可能性もあります。長期的な効果を求める場合は、卓越した技術を持つ専門業者に任せることが鍵です。

コーティングを施した後のメンテナンス方法

防汚効果など、コーティングを施したガラスでもメンテナンスは必要です。その方法をまとめましたので見ていきましょう。

コーティング箇所のメンテナンス手順

汚れをふき取る

防汚コーティングを施した窓を、水でぬらした柔らかい布で湿らせます。この時に、あらかじめ窓についた固形物や埃などを除去します。その後で、スキージーを用いて水分を払うだけの簡単メンテナンスです。スキージーには汚れが付着するので、その都度落としてから水分を払っていきましょう。

ムラがないか確認

防汚コーティングの効果で乾燥が早いため、スキージー処理のあとは自然乾燥でも大丈夫です。しかし、ふき取りムラがあると見た目に悪いので、ふき取りムラがないことを確認します。乾燥した柔らかい布でムラがある部分をふき取るだけで十分です。

手間のかからない防汚コーティング

防汚コーティングを施した後のメンテナンスは簡単な拭き掃除のみです。日常の汚れはホースを用いた散水のみでも十分です。掃除の手間を省けるのは大きなメリットですね。また、どうしても汚れが目立つ時は拭き掃除を行ないましょう。  

TOPボタン