機能性の高いガラスになる防汚コーティングの特徴

汚れがつかない防汚ガラスは主婦の味方 汚れがつかない防汚ガラスは主婦の味方

機能性ガラスの上から防汚コーティングを施す

防犯ガラスや防音ガラスなど、機能性が高い板ガラスの上から防汚コーティングを施すことも可能です。では、その防汚コーティングをすることで得られるメリットや効果について見ていきましょう。

コーティングを施す利点とは

ガラスに防汚コーティングを行なうことで、汚れの付着が原因で起こりうる傷からガラスを守ることができます。また汚れがつきにくく、掃除の回数を減らすことができるため、メンテナンスが簡単になります。防汚コーティングを施すことで、改めて機能性ガラスに買い替える必要がなくなります。防音や防犯機能がついた既存の窓ガラスとの組み合わせも可能ですので、費用面で大きな負担がかからないメリットがあります。コーティングを施すだけであれば安価ですので、費用面で不安に思う方でも安心して改修に踏み切ることができることでしょう。

防汚コーティングの優れた効果

高耐久性
防汚コーティングは、耐久性に優れているのも大きなメリットです。一度防汚コーティングを行なうことで、ガラス面の効果は10年以上続くという耐久性が支持されています。逐次メンテナンスは必要となりますが、再コーティングのスパンが長くなるだけでも費用対効果が高いのではないでしょうか。
殺菌効果
防汚コーティングを行なうことで、太陽光に含まれる紫外線を用いた有機物分解作用が期待できます。有機物や菌類を分解し不活性化させるため抗菌効果を発揮します。鳥の糞が媒介となる病原菌等も分解可能ですので、クリーンな環境を求めたい方にもおすすめできます。
防滴・防曇効果
防汚コーティングを施すことで、超親水性作用が生まれ水になじみやすい環境が生まれます。表面張力が働き雨水による膜がガラス全体を覆いますので、結露による曇り等が目立ちません。また窓についた水滴は膜となり、ガラスを覆うように広がりますので、雨天時や結露時も窓ガラスから見える視界はクリアです。

費用に適した工法を選ぼう

女性

防汚コーティングを施すだけで、さまざまな手間が省けますし、維持費用面も抑えることができます。窓ガラスを変えることなく汚れを防止できるため、限られた予算の都合に応じて適切な防汚コーティングの工法を選ぶことをおすすめします。

TOPボタン