ガラス屋で依頼できる防汚ガラスとコーティングの利点

汚れがつかない防汚ガラスは主婦の味方 汚れがつかない防汚ガラスは主婦の味方

掃除の手間が省ける防汚ガラスとは

窓が汚いと家の外観が貧相に見えがちです。でも毎日の窓掃除はかなりの手間です。掃除の手間が省ける防汚ガラスとはどのようなものなのでしょうか。

防汚ガラスの概要

防汚ガラスとは、ガラスの表面に光触媒膜が加工されており、太陽光と雨水の力でガラス面の汚れの付着しにくさを実現させたものです。自然の力でガラスそのものの美しさを保てるため、高層ビルの窓や、掃除が困難な場所にはめ込まれた窓は防汚ガラスやコーティング施工が採用されることがほとんどです。ガラス屋でも、顧客のニーズやライフスタイルに応じて防汚ガラスの採用を勧めています。

防汚効果のプロセスを見る

汚れの付着を抑える

ガラス表面に加工された光触媒膜に紫外線が当たると、「光触媒親水化作用」が働き、大気中の水分が膜となり表面は水になじみやすい状態になります。ガラス面に汚れが付着しても、大気中の水分で覆われた皮膜になじむため、こびりつきにくいのです。雨が降ることでも、汚れが浮き上がって落ちやすい環境になります。また、光触媒膜の効果による「光触媒酸化作用」によって、有機物の汚れが分解されます。

雨水で汚れを洗い落とす

雨が降る力は大きく、表面に水分の膜ができた上についた汚れは雨の力でするんと流れ落ちていきます。ガラス表面にできている膜は光触媒の作用によって親水性が高まっています。そのままでも汚れはガラス面に直接付着していない状態となっていますが、雨の水分でその膜は厚みを増し汚れにもぐりこんでいくため、こびりついて落ちにくい汚れでもしっかり落とすことができるメリットがあります。

メンテナンスの手間が省ける

光触媒による防汚効果の作用によって、天候を味方につけたガラス清掃が叶います。業者を呼び高所清掃作業を依頼する費用を削減することができますし、この効果は長期的に続きますので、メンテナンスの手間が省けます。

ガラス屋なら生活状況に合わせたガラスへの交換が可能

男性

ライフスタイルに合わせた住環境を作りたいという時、専門に仕事を行なうガラス屋なら、個人個人の住環境に合わせたガラスへの交換が可能です。

多岐に渡るガラスの種類と機能

断熱ガラス
断熱ガラスとは、窓ガラスから熱を逃がさない構造がなされている機能性ガラス板です。ペアガラスや真空ガラス等がその一例として挙げられます。窓枠であるサッシも断熱効果が付加されており、気密性が高められています。
防音ガラス
防音ガラスは、複数枚の単板ガラスの間に防音性能がある特殊中間膜を挟み込んだ合わせガラスを指しています。ガラスは音に弱く、共鳴するため外に音を漏らしてしまうデメリットがありますが、サッシとの併用によって、防音ガラス1枚だけでも外に音が漏れる心配を減らします。車通りが多い、線路沿いの家でも安心な環境が手に入ります。
防犯ガラス
防犯ガラスは、単板ガラスの間に強靭で熱い中間膜やボリカーボネート板を挟んだ合わせガラスです。また、ガラスが破損した時に大きな音がする素材が使われています。空き巣の手口の多くは窓からの侵入です。二重ロックとの併用によってガラス破りがされにくい作りとなっています。

生活状況に合わせたガラス選び

ガラス窓を1枚交換しただけでも生活の質がぐんと向上します。寒さをしのぎたい、防犯対策をしたいなど生活の状況に適したガラスを設置することで、その悩みが改善され居住性が高まります。快適な生活を手に入れるためにガラスを見直してはいかがでしょうか。  

TOPボタン